シャンプーの知識

良い市販シャンプーの条件

 

シャンプーは本当にたくさんの種類が販売されています。

 

ドラッグストアに行くと、壁一面にたくさんのシャンプーが売っていますよね。

 

では、どんな市販シャンプーが良いシャンプーといえるのでしょうか?

 

良いシャンプーの条件をいくつかご紹介いたします。

 

まずは、適度な洗浄力のあるシャンプーです。

 

シャンプーは、髪の毛を綺麗に洗うためにあります。

 

そのため、しっかりと洗い上げることができるシャンプーは良いシャンプーといえるでしょう。

 

だからといって、洗浄力が強すぎてもいけません。

 

あまりに強すぎるシャンプーだと、頭皮が乾燥してしまうからです。

 

髪の毛の為にも、しっかりと洗い上げるけれども頭皮を乾燥させない、適度な洗浄力のシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

人によってどのくらいがちょうど良いかは違うので、いろいろ比べてみてください。

 

 

泡立ちもシャンプーには大切です。

 

きめ細かい泡が出来るシャンプーは、髪の毛をケアする上でとても大切なことです。

 

泡立たない液状のままで髪の毛を洗うと、髪の毛に摩擦が生じ負担がかかってしまうでしょう。

 

髪の毛のことを考えるのであれば、たっぷりと泡立つシャンプーを選んだ方が良いのではないでしょうか。

 

もちろんシャンプーには仕上がりも大切です。

 

洗った後の状態は、シャンプーで一番大切なことです。

 

適度は保湿効果があるシャンプーや艶やかな髪の毛になるシャンプー、さっぱりとしていて頭皮をしっかりと洗うことができるシャンプーなど、さまざまなタイプのシャンプーがありますよね。

 

洗い上がりの状態が一番良いと感じるシャンプーは、良いシャンプーといえるでしょう。

 

洗い上がりの質感は、その人の頭皮環境や髪質、シャンプーの仕方等によって異なります。

 

自分に合った洗い上がりのシャンプーを探しましょう。

 

最後に低刺激であるということです。

 

洗い易いシャンプーの中には、刺激が強く頭皮を傷付けてしまったり、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうシャンプーもあります。

 

低刺激のシャンプーであれば、頭皮に優しく、刺激せずに洗い上げることができるでしょう。

 

しかし低刺激過ぎるシャンプーは洗浄力が弱かったり、洗い心地が悪いと感じる場合もあります。

 

あくまで適度に、低刺激のシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

 

良いシャンプーの条件はいろいろありますが、最終的には「自分の髪質にあったシャンプー」が一番大切です。

 

自分にあったシャンプーを見つけてください。

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

種類
日本国内では、本当にたくさんの種類のシャンプーが販売されています。 安い商品であれば、数百円程度で購入をすることができるでしょう。
シリコンシャンプーはダメ?
最近、ノンシリコンシャンプーが増えて来ましたね。 ノンシリコンは、文字通りシリコンが含まれていないシャンプーです。 一般的に市販されているシャンプーは、シリコンが入っている「シリコンシャンプー」となっています。
スカルプシャンプー
薄毛対策商品として有名なのが、スカルプシャンプーです。 男性用シャンプーというイメージが強いスカルプシャンプーですが、最近は女性用のスカルプシャンプーも増えて来ました。 そんなスカルプシャンプーにはどんな効果があるのでしょうか?
シャンプーとトリートメントの役割
一般的に洗髪剤は、シャンプーとトリートメントに別れています。 リンスインのトリートメント不要の商品もありますが、多くの方はシャンプーとトリートメントを両方使っているのではないでしょうか。 シャンプーとトリートメント、それぞれにはどんな役割があるのでしょうか。
シャンプーの香りを持続させるには
ほとんどのシャンプーにはさまざまな香りが付いています。 石けんの香り、フローラルの香り、さまざまな香りはとても心地よいですよね。 シャンプーの香りをコロン替わりにしている方も多いのではないでしょうか。
シャンプーの成分
シャンプーの成分に着目して購入したことはありますか? ほとんどの人は「評判が良いから」「ドラッグストアでなんとなく見かけたから」「CMで気になったから」など、なんとなく購入をしている方が多いでしょう。 しかし、シャンプーには「頭皮に悪い成分」や「薄毛を悪化させてしまう成分」が含まれているかも知れないのです。
シャンプーの香り
シャンプーに必ずといって含まれているのが「香料」です。 シャンプーは、さまざまな良い香りがありますよね。 同じメーカーの同じ種類のシャンプーでも、全く違う香りのするシャンプーも存在しています。
シャンプーの回数
シャンプーの歴史