シャンプーとトリートメントの役割

シャンプーとトリートメントの役割

 

シャンプー 役割

 

一般的に洗髪剤は、シャンプーとトリートメントに別れています。

 

リンスインのトリートメント不要の商品もありますが、多くの方はシャンプーとトリートメントを両方使っているのではないでしょうか。

 

シャンプーとトリートメント、それぞれにはどんな役割があるのでしょうか。

 

シャンプーは、頭皮の汚れや皮脂を洗い流す役割があります。

 

頭皮に一番大切であり、洗髪をするならまずシャンプーから行うようにしましょう。

 

また、シャンプーによって洗浄力が違います。

 

頭皮が痒いと感じる場合は洗浄力の強いものを、乾燥すると感じる場合は洗浄力の弱いものを使うようにして下さい。

 

次に、トリートメントです。

 

トリートメントは、髪の毛に栄養を送りダメージを回復するという役割があります。

 

髪の毛の内側に栄養を送ることで、ダメージを補修してくれるのでしょう。

 

トリートメントの前にリンスやコンディショナーを使う人も多いでしょう。

 

トリートメントは髪の毛の内部に栄養を送りますが、リンスやコンディショナーは髪の毛の表面を保護する役割があります。

 

そのためリンスやコンディショナーを使うことで、髪の毛を艶々に魅せることができるでしょう。

 

それぞれ違った大切な役割があるのです。

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

種類
日本国内では、本当にたくさんの種類のシャンプーが販売されています。 安い商品であれば、数百円程度で購入をすることができるでしょう。
シリコンシャンプーはダメ?
最近、ノンシリコンシャンプーが増えて来ましたね。 ノンシリコンは、文字通りシリコンが含まれていないシャンプーです。 一般的に市販されているシャンプーは、シリコンが入っている「シリコンシャンプー」となっています。
スカルプシャンプー
薄毛対策商品として有名なのが、スカルプシャンプーです。 男性用シャンプーというイメージが強いスカルプシャンプーですが、最近は女性用のスカルプシャンプーも増えて来ました。 そんなスカルプシャンプーにはどんな効果があるのでしょうか?
良いシャンプーの条件
シャンプーは本当にたくさんの種類が販売されています。 ドラッグストアに行くと、壁一面にたくさんのシャンプーが売っていますよね。 では、どんな市販シャンプーが良いシャンプーといえるのでしょうか? 良いシャンプーの条件をいくつかご紹介いたします。
シャンプーの香りを持続させるには
ほとんどのシャンプーにはさまざまな香りが付いています。 石けんの香り、フローラルの香り、さまざまな香りはとても心地よいですよね。 シャンプーの香りをコロン替わりにしている方も多いのではないでしょうか。
シャンプーの成分
シャンプーの成分に着目して購入したことはありますか? ほとんどの人は「評判が良いから」「ドラッグストアでなんとなく見かけたから」「CMで気になったから」など、なんとなく購入をしている方が多いでしょう。 しかし、シャンプーには「頭皮に悪い成分」や「薄毛を悪化させてしまう成分」が含まれているかも知れないのです。
シャンプーの香り
シャンプーに必ずといって含まれているのが「香料」です。 シャンプーは、さまざまな良い香りがありますよね。 同じメーカーの同じ種類のシャンプーでも、全く違う香りのするシャンプーも存在しています。
シャンプーの回数
シャンプーの歴史