種類

シャンプーの種類

 

シャンプー 種類

 

日本国内では、本当にたくさんの種類のシャンプーが販売されています。

 

安い商品であれば、数百円程度で購入をすることができるでしょう。

 

売っている場所も、コンビニエンスストアやドラッグストアなど、気軽に購入できるところばかりです。

 

しかし高いものになると、数千円、なかには万単位のシャンプーも存在します。

 

高価なシャンプーは店頭では見ることはできず、美容院専売や通販専用などのものもあります。

 

では、シャンプーにはどのような種類があるのでしょうか?

 

 

実は、シャンプーの種類は大きく分けると3種類しかありません。

 

 

一つ目は、高級アルコール系シャンプーです。

 

高級といっても、決して高価なシャンプーという訳ではありません。

 

炭素の多い高級アルコールというものを使って作られたシャンプーが、高級アルコール系シャンプーに概要します。

 

高級アルコール系シャンプーには、以下の成分が主につかわれています。

 

ラウリル硫酸ナトリウム・ラウリル硫酸カリウム・パレスー3硫酸アンモニウム・ラウレス硫酸ナトリウム・スルホン酸ナトリウム

 

これらの成分は石油が原料であり、洗浄力も比較的強いといわれているものばかりです。

 

そのため、皮脂をしっかりと洗い流すことができるでしょう。

 

また、安い金額で販売することができるのも高級アルコール系シャンプーの特徴の一つです。

 

一般的に販売されているシャンプーのほとんどは、高級アルコール系シャンプーに該当されます。

 

しかし、高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強すぎるせいで頭皮に負担がかかるともいわれています。

 

そのため、頭皮環境を改善したい方や薄毛が気になっている肩にはあまりおすすめをすることはできないでしょう。

 

高級アルコール系シャンプーの定番商品といえば、パンテーンやラックス、メリット、エッセンシャルなどではないでしょうか。

 

 

 

次に、石鹸系のシャンプーです。

 

石けん系のシャンプーは、名前の通り石鹸で洗うタイプのシャンプーです。

 

高級アルコール系シャンプーに比べると肌にも髪の毛にも優しく、適度な洗浄力で洗うことが可能なタイプとなっています。

 

洗い上がりはさっぱりとしていますが、他のシャンプーに比べると髪の毛がごわごわすると感じるかも知れません。

 

値段も安いので、比較的購入をし易いでしょう。

 

髪質は、脂性肌の人に最適です。

 

また、石鹸系のシャンプーには固形タイプと液体系タイプの2種類があります。

 

石けんタイプは、今主流となっている石鹸系シャンプーの種類です。

 

泡立ち安く、固形のものよりも洗浄力が弱いといわれています。

 

固形タイプの石鹸シャンプーは、今数がどんどん少なくなってきています。

 

使いにくいため少なくなっているのですが、液体系よりも洗浄力が強いので、しっかりと洗い上げることができるでしょう。

 

また、固形系の石鹸シャンプーの方が値段が安い商品が多いのではないでしょうか。

 

 

最後にアミノ酸系のシャンプーです。

 

アミノ酸系シャンプーは、今とても注目を集めているシャンプーです。

 

なぜなら洗浄力が弱く、保湿効果が高く、髪の毛に栄養を与えながら洗い上げることができるからでしょう。

 

頭皮環境を改善したい方やアトピー等の皮膚疾患を持っている方、乾燥肌の方等に特におすすめしたい種類が、アミノ酸系シャンプーなのです。

 

しかし、洗浄力が他の商品に比べて弱いので、しっかりと頭皮を洗い上げたい人にはおすすめをすることはできません。

 

また、アミノ酸系シャンプーは値段が高い商品が多いので買う人も限られているでしょう。

 

白髪が気になる人は頭皮環境を改善できるアミノ酸系シャンプーが一番おすすめです。

 

頭皮環境が改善されれば、健康的な髪の毛を作ることができ、白髪も減るのではないでしょうか。

 

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

シリコンシャンプーはダメ?
最近、ノンシリコンシャンプーが増えて来ましたね。 ノンシリコンは、文字通りシリコンが含まれていないシャンプーです。 一般的に市販されているシャンプーは、シリコンが入っている「シリコンシャンプー」となっています。
スカルプシャンプー
薄毛対策商品として有名なのが、スカルプシャンプーです。 男性用シャンプーというイメージが強いスカルプシャンプーですが、最近は女性用のスカルプシャンプーも増えて来ました。 そんなスカルプシャンプーにはどんな効果があるのでしょうか?
シャンプーとトリートメントの役割
一般的に洗髪剤は、シャンプーとトリートメントに別れています。 リンスインのトリートメント不要の商品もありますが、多くの方はシャンプーとトリートメントを両方使っているのではないでしょうか。 シャンプーとトリートメント、それぞれにはどんな役割があるのでしょうか。
良いシャンプーの条件
シャンプーは本当にたくさんの種類が販売されています。 ドラッグストアに行くと、壁一面にたくさんのシャンプーが売っていますよね。 では、どんな市販シャンプーが良いシャンプーといえるのでしょうか? 良いシャンプーの条件をいくつかご紹介いたします。
シャンプーの香りを持続させるには
ほとんどのシャンプーにはさまざまな香りが付いています。 石けんの香り、フローラルの香り、さまざまな香りはとても心地よいですよね。 シャンプーの香りをコロン替わりにしている方も多いのではないでしょうか。
シャンプーの成分
シャンプーの成分に着目して購入したことはありますか? ほとんどの人は「評判が良いから」「ドラッグストアでなんとなく見かけたから」「CMで気になったから」など、なんとなく購入をしている方が多いでしょう。 しかし、シャンプーには「頭皮に悪い成分」や「薄毛を悪化させてしまう成分」が含まれているかも知れないのです。
シャンプーの香り
シャンプーに必ずといって含まれているのが「香料」です。 シャンプーは、さまざまな良い香りがありますよね。 同じメーカーの同じ種類のシャンプーでも、全く違う香りのするシャンプーも存在しています。
シャンプーの回数
シャンプーの歴史