シャンプーの成分

注意が必要なシャンプーの成分

 

シャンプー 成分

 

シャンプーの成分に着目して購入したことはありますか?

 

ほとんどの人は「評判が良いから」「ドラッグストアでなんとなく見かけたから」「CMで気になったから」など、なんとなく購入をしている方が多いでしょう。

 

しかし、シャンプーには「頭皮に悪い成分」や「薄毛を悪化させてしまう成分」が含まれているかも知れないのです。

 

薄毛や抜け毛を進行させないためにも、シャンプーは成分にもこだわって選ぶことをおすすめします。

 

では、どんな成分が髪の毛に悪い影響をもたらすのでしょうか。

 

 

○シリコン系シャンプー

 

最近はノンシリコンシャンプーも増えて来ましたが、今でも主流なのは「シリコンいりシャンプー」です。

 

シリコンが配合されているシャンプーは、簡単に髪の毛の艶感をアップすることができるでしょう。

 

シリコンを配合することで、傷んだ髪の毛をシリコンでコーティングして、髪の毛に艶を出すことができます。

 

しかし、これはあくまで外側からコーティングをするだけで、ダメージ自体を補修する力はありません。

 

また、シリコンが付着するのは髪の毛の表面だけではありません。
頭皮にもシリコンが付着してしまうでしょう。

 

そのため、このシリコンが頭皮のフケや痒みの原因になってしまう可能性があります。

 

ドラッグストアで販売されているシャンプーの多くにはシリコンが配合されています。

 

表記名もさまざまで、ジメチコンやシリカ、シリル、シランやヒートケラチン、ジメチコノール等、名前だけでシリコンを見極めることは難しいでしょう。

 

育毛発毛を考えている人は、シリコンが配合されたシャンプーは避けた方が良いのではないでしょうか。

 

 

○高級アルコール系シャンプー

 

「高級アルコール系シャンプー」の高級とは、品質が高級という訳ではありません。

 

界面活性剤の一種であるラウレス硫酸系の成分が配合されているシャンプーが、高級猿コール系シャンプーに該当します。

 

市販されているシャンプーの多くは、実は高級アルコール系シャンプーとなっています。

 

ラウレス硫酸系成分は、洗浄力が強く、たっぷりtの泡で洗い上げることができるでしょう。

 

そのため、頭皮をしっかりと洗い上げることができた、洗髪後に爽快感を感じた等の使い心地を体感することができます。

 

しかしラウレス硫酸系が含まれていると、頭皮に必要な水分や皮脂まで洗い流してしまう可能性があるのです。

 

ラウレス硫酸系配合のシャンプーで洗い続得ていると、フケや痒みが発生してしまう可能性があるとまでいわれています。

 

また、ラウレス硫酸系の刺激を軽減する為に、強力なコーティング剤が含まれている可能性も高いでしょう。

 

 

そのため、ラウレス硫酸系が配合されているシャンプーはおすすめできません。

 

表記名はラウレス硫酸系の場合もありますし、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸カリウム、ラウレス硫酸アンモニウムなどの記載の場合もあります。

 

 

薄毛改善を考えているのであれば、髪の毛に悪い成分が含まれているシャンプーは極力避けた方が良いのではないでしょうか。

 

市販のシャンプーの注意点

 

ドラッグストアなどで販売されているシャンプーの多くには、髪の毛に悪い成分がたっぷりと配合されています。

 

なぜ、これらの成分が配合されているのでしょうか?

 

市販のシャンプーに必要なのは「安く即効性を感じること」でしょう。

 

市販のシャンプーの値段は300円から1,000円程が主流です。

 

程度は違えど、どれも比較的安い金額で購入をすることができますよね。

 

このくらいの価格帯のシャンプーは、値段の違いはブランド名の違いがほとんどです。
そのため、どれも成分に違いはほとんどないでしょう。

 

 

また、安く即効性を求めるためには、悪い成分を配合する必要があります。

 

多少髪の毛に悪くても、泡立ちが良く、しっかりと汚れを洗い流すことができ、洗い上がりが艶やかな状態であれば良いシャンプーなのでは?と思ってしまいますよね。

 

また、市販のシャンプーは成分よりも宣伝を重視している傾向にあります。
バンバンCMを流しているシャンプーは、広告費に力を入れている商品が多いでしょう。

 

そして、シャンプーは成分まで重視して買っている人が少ないのです。

 

そのため、悪い成分も配合して販売している市販シャンプーが増えています。

 

 

では、無添加やノンシリコンシャンプーが良いシャンプーなのかというと、そういう訳ではありません。

 

無添加シャンプーや完全ノンシリコンシャンプーを作るには、通常のシャンプー以上にコストが掛かってしまうでしょう。

 

そのため、無添加や天然成分配合等の品質にこだわった記載があるのに値段の安い商品は、髪の毛に良い成分が配合されていない可能性も高いでしょう。

 

無添加やノンシリコンに明確な規則がないので、勝手に記載している可能性が高いのです。

 

 

薄毛対策にシャンプーは不可欠です。
本当に良いシャンプーを見つけたいのであれば、しっかりと成分を確認し、髪の

 

年齢とともに頭皮は弱くなる

 

シャンプーに悪い成分が入っているといっても、若いうちは市販のシャンプーでも問題ないでしょう。

 

事実、若い人は市販のシャンプーでも十分綺麗な髪の毛を保つことができています。

 

これは、皮脂や水分を洗い流しても補いきれる頭皮環境だからです。

 

そのため、若いうちはブランドや値段でシャンプーを選んでも問題はありません。

 

しかし薄毛が進行してくると、そうもいかないでしょう。

 

年齢を追うごとにどんどん頭皮は弱くなってしまいます。
栄養を十分補わなければ、頭皮の乾燥が悪化してしまうでしょう。

 

頭皮についたシリコンも、頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

そのため、薄毛が気になりはじめたらシャンプーも見直す必要があるのです。

 

いつも通りのシャンプーを使っていると、どんどん頭皮は乾燥し、薄毛の進行を食い止めることが難しくなってしまうのです。

 

育毛剤を購入する前に、まずは髪の毛に良いシャンプーを選んでみてはいかがでしょうか。

 

シャンプーを変えるだけでも薄毛改善効果を実感することはできますし、頭皮環境が改善されれば、健康的な髪の毛を作り出すことができるようになるかもしれません。

 

それ程シャンプーは大切なものなのです。

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

種類
日本国内では、本当にたくさんの種類のシャンプーが販売されています。 安い商品であれば、数百円程度で購入をすることができるでしょう。
シリコンシャンプーはダメ?
最近、ノンシリコンシャンプーが増えて来ましたね。 ノンシリコンは、文字通りシリコンが含まれていないシャンプーです。 一般的に市販されているシャンプーは、シリコンが入っている「シリコンシャンプー」となっています。
スカルプシャンプー
薄毛対策商品として有名なのが、スカルプシャンプーです。 男性用シャンプーというイメージが強いスカルプシャンプーですが、最近は女性用のスカルプシャンプーも増えて来ました。 そんなスカルプシャンプーにはどんな効果があるのでしょうか?
シャンプーとトリートメントの役割
一般的に洗髪剤は、シャンプーとトリートメントに別れています。 リンスインのトリートメント不要の商品もありますが、多くの方はシャンプーとトリートメントを両方使っているのではないでしょうか。 シャンプーとトリートメント、それぞれにはどんな役割があるのでしょうか。
良いシャンプーの条件
シャンプーは本当にたくさんの種類が販売されています。 ドラッグストアに行くと、壁一面にたくさんのシャンプーが売っていますよね。 では、どんな市販シャンプーが良いシャンプーといえるのでしょうか? 良いシャンプーの条件をいくつかご紹介いたします。
シャンプーの香りを持続させるには
ほとんどのシャンプーにはさまざまな香りが付いています。 石けんの香り、フローラルの香り、さまざまな香りはとても心地よいですよね。 シャンプーの香りをコロン替わりにしている方も多いのではないでしょうか。
シャンプーの香り
シャンプーに必ずといって含まれているのが「香料」です。 シャンプーは、さまざまな良い香りがありますよね。 同じメーカーの同じ種類のシャンプーでも、全く違う香りのするシャンプーも存在しています。
シャンプーの回数
シャンプーの歴史