正しいシャンプーの回数とは?

シャンプーのし過ぎは髪や頭皮にダメージを与える

 

シャンプー

 

1日の終わりには必ず髪をシャンプーで洗うことを日課としている方も多いでしょうが、そのシャンプーも気をつけなければなりません。

 

まずシャンプーは髪や頭皮の汚れを洗い流すために行うのですが、やり過ぎてしまうと頭皮を傷める原因となります。

 

頭皮は意外と肌の中でもとても敏感で繊細な部分なので、シャンプーによっても頭皮の健康状態が左右されてしまうのです。

 

まずシャンプーも何回も行う方がいますが、これは頭皮にダメージを与えてしまう原因となるので注意が必要です。

 

確かに1度では洗い流せていないような気がする、こんな方も少なくはありません。

 

ですが頭皮にも必要な皮脂というものがあるため、洗い過ぎてしまうと必要な皮脂がどんどん落とされてしまい、頭皮が乾燥してしまうのです。

 

頭皮が乾燥するとフケやかゆみの原因にもなります。

 

他にも皮脂で頭皮を守ろうという働きにより、皮脂が過剰に分泌されて毛穴に皮脂が詰まり頭皮に吹き出物ができてしまう場合もあります。

 

しっかりと洗い流せていないかもしれない、そんな時はシャンプーの方法を見直して、何回も洗わないようにする必要があります。

 

また1回のシャンプーでも洗い過ぎないように気をつけましょう。

 

汚れを落とすことも重要ですが、適度に優しく洗い頭皮を痛めつけないように注意しましょう。

 

健康的な髪と頭皮を保つために必要なことは・・・ 正しいブラッシング方法

 

一日に何度もシャンプーすると・・・

 

 

シャンプーは1日のうちで夜だけという方もいるかもしれませんが、朝もシャンプーするという方もいるでしょう。

 

そういう方はちょっと注意が必要となります。

 

なぜかというと、1日に何度もシャンプーを行うということは、頭皮にも何度も負担がかかってしまうということです。

 

1回のシャンプーでも多少の刺激を頭皮は受けているのですが、2回3回と回数が多ければ多いほど、頭皮のダメージもさらに蓄積されていきます。

 

頭皮も傷めば回復しようという働きをしますが、その暇を与えないほどの回数はさらにダメージを生んでしまいます。

 

また何度もシャンプーすることで、必要な皮脂まで取り除いてしまうため、フケ・かゆみの原因となるでしょう。

 

それだけではなく頭皮の皮脂がなくなってしまうと乾燥してしまうため、それを防ごうとしてさらに皮脂が分泌されてしまう場合があります。

 

乾燥のし過ぎでのフケ増加の他に、皮脂が毛穴に詰まることで健康で太い髪が成長することができなくなり、細く抜けやすい髪になってしまう場合があります。

 

そうなればどんどん髪の毛も抜けてしまうので、抜け毛の増加から薄毛になってしまう可能性が出てきます。

 

正しいシャンプーを行うことができれば1回でも十分に頭皮は綺麗になります。

 

気持ち悪いと感じる方はシャンプーの方法などを見直して、頭皮にダメージを与えないように回数を減らしましょう。

 

 

毎日洗わない方が良い?

 

 

シャンプーのし過ぎは頭皮トラブルの原因となり、将来薄毛になる可能性も考えられます。

 

だからと言って毎日洗うことがよくないのか、と言われると決してそうではありません。

 

やはり1日家でも外でも過ごしていれば、皮脂の分泌のほか外気の汚れにさらされてしまうので、清潔にしなくては頭皮の肌トラブルが起きてしまう可能性があります。

 

頭皮も知らない間に汚れた付着しており、ホコリなども頭皮に付着することもあるのです。

 

花粉や黄砂、他にもPM2.5など目には見えない細かな物質は空気中にたくさん浮遊していますし、目には見えないからこそ頭皮まで入り込み付着していることもあるのです。

 

これらが付着したままで放置してしまうと、頭皮が炎症を起こしてしまう場合もあるでしょう。

 

毛穴にこれらの汚れが詰まってしまう可能性もあり、そこから吹き出物などの炎症が起きてしまうこともあるでしょう。

 

できれば1日に1回は髪の毛を洗うというよりも頭皮を清潔に保つために、洗うことが望ましいです。

 

洗いすぎも頭皮や髪にとってよくないことでもありますが、毎日洗わないというのも不衛生で頭皮トラブルが起きる原因となってしまいます。

 

洗い過ぎなどにも注意しながら、1日に1回は頭皮をしっかりと清潔に保つために、洗うようにしましょう。

 

 

湯シャンとは?

 

 

髪の毛を洗うというと、シャンプーで洗うというのが一般的なのですが、ここ最近ではちょっと違う洗い方もあるというのをご存知でしょうか。

 

それが湯シャンという方法です。

 

湯シャンとは、シャンプーなしでお湯のみで頭皮や髪を洗いながるという方法、つまりお湯シャンプーということなのです。

 

シャンプーは一切使用することはありませんが、お湯でしっかりと洗うことで頭皮の汚れや髪の毛の汚れを落とすということなのです。

 

また湯シャンをすることにより、シャンプーで受けるダメージを軽減させることができると言われています。

 

肌の汚れも本来は十分お湯でとることができると言われているため、湯シャンでもしっかり汚れを落とすことができると考えられています。

 

ただこの方法は個人差もあるため、皮脂の分泌が多い方にはあまり向いていない方法とも言われているのです。

 

確かにお湯でも十分皮脂は溶け出すのですが、泡の力や洗浄力によってお湯だけでは落としにくい汚れをシャンプーが落としてくれることもできます。

 

基本的に湯シャンを毎日行なっている方もいますが、時々頭皮を休ませるために、1週間に1回から2回ほど湯シャンで済ますという方もいます。

 

季節によっては向いていない時期もあるので、できれば清潔に保つことを優先して湯シャンを取り入れていきましょう。

 

 

頭皮に優しいシャンプーがおすすめ

 

 

頭皮にダメージを与えないようにするには、湯シャンなどの方法もありますが、清潔さも保たなければならないので難しいと感じることもあるかもしれません。

 

そういった時こそ、頭皮に優しいシャンプーを選ぶことが重要なのです。

 

シャンプーといえば匂いの他に、髪の毛に良い成分ばかりが重視されることがあります。

 

ですがそれでは頭皮のことは全く考えられておらず、気がつけば頭皮が痛んでいたという可能性もあるのです。

 

そういったことにならないようにするためにも、まずは頭皮に優しいシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

まず頭皮に優しいといえば、やはりアミノ酸系のシャンプーです。

 

アミノ酸系はとても頭皮に優しく、刺激も弱いため頭皮のことを考えている方は一番に選びたいシャンプーですね。

 

また他にもオーガニック系など天然由来の成分を配合したものを使用することが望ましくなります。

 

天然由来成分は肌への負担も少ないと言われているため、ここ最近では人気も高くこれらの商品も増えているのです。

 

洗浄力もできるだけ優しいものを選ぶと、皮脂もとりすぎることなく洗うことができるでしょう。

 

しっかりと洗うことも大切ですが、頭皮にはできるだけ負担のかからないシャンプーを選び、健康で生活な頭皮を保てるようにしましょう。

 

 

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

種類
日本国内では、本当にたくさんの種類のシャンプーが販売されています。 安い商品であれば、数百円程度で購入をすることができるでしょう。
シリコンシャンプーはダメ?
最近、ノンシリコンシャンプーが増えて来ましたね。 ノンシリコンは、文字通りシリコンが含まれていないシャンプーです。 一般的に市販されているシャンプーは、シリコンが入っている「シリコンシャンプー」となっています。
スカルプシャンプー
薄毛対策商品として有名なのが、スカルプシャンプーです。 男性用シャンプーというイメージが強いスカルプシャンプーですが、最近は女性用のスカルプシャンプーも増えて来ました。 そんなスカルプシャンプーにはどんな効果があるのでしょうか?
シャンプーとトリートメントの役割
一般的に洗髪剤は、シャンプーとトリートメントに別れています。 リンスインのトリートメント不要の商品もありますが、多くの方はシャンプーとトリートメントを両方使っているのではないでしょうか。 シャンプーとトリートメント、それぞれにはどんな役割があるのでしょうか。
良いシャンプーの条件
シャンプーは本当にたくさんの種類が販売されています。 ドラッグストアに行くと、壁一面にたくさんのシャンプーが売っていますよね。 では、どんな市販シャンプーが良いシャンプーといえるのでしょうか? 良いシャンプーの条件をいくつかご紹介いたします。
シャンプーの香りを持続させるには
ほとんどのシャンプーにはさまざまな香りが付いています。 石けんの香り、フローラルの香り、さまざまな香りはとても心地よいですよね。 シャンプーの香りをコロン替わりにしている方も多いのではないでしょうか。
シャンプーの成分
シャンプーの成分に着目して購入したことはありますか? ほとんどの人は「評判が良いから」「ドラッグストアでなんとなく見かけたから」「CMで気になったから」など、なんとなく購入をしている方が多いでしょう。 しかし、シャンプーには「頭皮に悪い成分」や「薄毛を悪化させてしまう成分」が含まれているかも知れないのです。
シャンプーの香り
シャンプーに必ずといって含まれているのが「香料」です。 シャンプーは、さまざまな良い香りがありますよね。 同じメーカーの同じ種類のシャンプーでも、全く違う香りのするシャンプーも存在しています。
シャンプーの歴史