シリコンシャンプーはダメ?

シリコンシャンプーはダメ?

 

最近、ノンシリコンシャンプーが増えて来ましたね。

 

ノンシリコンは、文字通りシリコンが含まれていないシャンプーです。

 

一般的に市販されているシャンプーは、シリコンが入っている「シリコンシャンプー」となっています。

 

ノンシリコンシャンプーが普及している今、シリコンシャンプーでは駄目なのでは?と思う方も増えているでしょう。

 

シリコンシャンプーは、本当に駄目なのでしょうか?

 

シリコン入りシャンプーにも、ノンシリコンシャンプーにも、それぞれメリットデメリットはあります。

 

まず、シャンプーに含まれている知る婚というのは有機化合物の一種です。

 

通気性が高く、柔軟性に優れているという性質を持っています。

 

一般的なシャンプーのほとんどには、シリコンが含まれているのです。

 

なぜシリコンがシャンプーに含まれているのかというと、シリコンが髪の毛の艶を維持してくれるからです。

 

シャンプーをする事により、髪の毛のキューティクルにシリコンをまとわせ、ツヤを出すことができます。

 

また、シリコンが髪の毛につくことにより、ドライヤーの熱から髪の毛を守ることもできるでしょう。

 

シリコンの中には、髪の毛の肌触りを良くしたり、髪の毛の通りを良くする効果もあるといわれています。

 

この様に、シリコンにはメリットがたくさんあるのです。

 

シャンプーで髪の毛を洗って艶々になるのは、シリコンのお蔭なのではないでしょうか。

 

しかし、シリコンシャンプーにはデメリットもあります。

 

まず、髪の毛にシリコンをまとわせると、ヘアケア成分や栄養素を浸透させにくい状態になってしまうのです。

 

シリコンがガードしてしまうので、シャンプーやトリートメントコンディショナーの栄養を補いにくい状態にしてしまうのでしょう。

 

また、シリコンが毛穴につまってしまう場合もあります。

 

頭皮に付着した場合ではありますが、シリコンのせいで頭皮環境が悪くなってしまうという場合もあるでしょう。

 

また、シリコンシャンプーを使っているとパーマやカラーがかかりにくいというデメリットもあります。

 

そのため、美容師の中にはシリコンシャンプーを嫌う人も多いでしょう。

 

この様なデメリットがあるから、ノンシリコンシャンプーを好む人が増えてきたのです。

 

シリコンシャンプーにはメリットもありますし、市販されているシャンプーの多くはシリコン入りです。

 

そのため、シリコンシャンプーが駄目問う訳ではありません。

 

それぞれのメリットデメリットを理解したうえで、シャンプーを選びましょう。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

 

シリコン入りシャンプーのメリットについて説明しましたが、当然ノンシリコンシャンプーにもメリットデメリットはあります。

 

ノンシリコンシャンプーのメリットといえば、やはり毛穴に詰まらないという事でしょう。

 

目には見えにくいかも知れませんが、頭皮にもたくさんの毛穴があり、シリコン入りシャンプーを使うと毛穴にシリコンが詰まる場合があります。

 

しかしノンシリコンシャンプーはシリコンが含まれていないので、頭皮に優しく洗い上げることができるでしょう。

 

そのため、頭皮の汚れをしっかりと落とすことができるのです。

 

シリコンが髪の毛に付着しないので、トリートメント成分もしっかりと浸透してくれるでしょう。

 

カラーリングをしている人、髪の毛本来の健康状態を改善したい人、そして、白髪染めをしっかりと行いたい人は、ノンシリコンシャンプーの方が良いかもしれません。

 

 

もちろんノンシリコンシャンプーにもデメリットはあります。

 

まず、ノンシリコンシャンプーは泡立ちにくくきしみやすいと言われています。

 

シリコンにはさまざまな成分が含まれているので、その成分が泡立ちやすさやきしみにくさも実現していたのでしょう。

 

また、ツヤだし効果も低いといわれています。

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

種類
日本国内では、本当にたくさんの種類のシャンプーが販売されています。 安い商品であれば、数百円程度で購入をすることができるでしょう。
スカルプシャンプー
薄毛対策商品として有名なのが、スカルプシャンプーです。 男性用シャンプーというイメージが強いスカルプシャンプーですが、最近は女性用のスカルプシャンプーも増えて来ました。 そんなスカルプシャンプーにはどんな効果があるのでしょうか?
シャンプーとトリートメントの役割
一般的に洗髪剤は、シャンプーとトリートメントに別れています。 リンスインのトリートメント不要の商品もありますが、多くの方はシャンプーとトリートメントを両方使っているのではないでしょうか。 シャンプーとトリートメント、それぞれにはどんな役割があるのでしょうか。
良いシャンプーの条件
シャンプーは本当にたくさんの種類が販売されています。 ドラッグストアに行くと、壁一面にたくさんのシャンプーが売っていますよね。 では、どんな市販シャンプーが良いシャンプーといえるのでしょうか? 良いシャンプーの条件をいくつかご紹介いたします。
シャンプーの香りを持続させるには
ほとんどのシャンプーにはさまざまな香りが付いています。 石けんの香り、フローラルの香り、さまざまな香りはとても心地よいですよね。 シャンプーの香りをコロン替わりにしている方も多いのではないでしょうか。
シャンプーの成分
シャンプーの成分に着目して購入したことはありますか? ほとんどの人は「評判が良いから」「ドラッグストアでなんとなく見かけたから」「CMで気になったから」など、なんとなく購入をしている方が多いでしょう。 しかし、シャンプーには「頭皮に悪い成分」や「薄毛を悪化させてしまう成分」が含まれているかも知れないのです。
シャンプーの香り
シャンプーに必ずといって含まれているのが「香料」です。 シャンプーは、さまざまな良い香りがありますよね。 同じメーカーの同じ種類のシャンプーでも、全く違う香りのするシャンプーも存在しています。
シャンプーの回数
シャンプーの歴史