シャンプーの香り

香りの強いシャンプーは髪や頭皮に悪い?

 

シャンプー 香り

 

シャンプーに必ずといって含まれているのが「香料」です。

 

シャンプーは、さまざまな良い香りがありますよね。
同じメーカーの同じ種類のシャンプーでも、全く違う香りのするシャンプーも存在しています。

 

まず、香料とはいったい何なのでしょうか?

 

香料を配合するには2つの理由があります。

 

一つ目は、他の香りを消す為です。
シャンプーには原料がもともと香る物も配合されているでしょう。

 

髪の毛を綺麗にする成分が、決して良い香りという訳ではありません。

 

不快な香りを打ち消す為にも、香料を強めに配合しているシャンプーが多いのでしょう。

 

二つ目は、香りでリフレッシュ効果やリラクゼーション効果を実感する効果です。

 

良い香りは、気持ちをリフレッシュさせたりリラクゼーション効果をもたらすでしょう。

 

心地良さを与えるのも、香料の効果なのです。

 

シャンプーにはさまざまな香料が含まれていますが、基本的に使われているのは合成香料でしょう。

 

合成香料は、天然香料から主成分だけを抽出して配合したものや、石油や石炭等の天然資材を原料に合成した純合成丈量です。

 

これらは両方合わせて5000種類もの種類があり、さまざまな香りを自由に作ることができるでしょう。

 

しかし、合成香料は香りの効果を重視するあまり、髪の毛に悪い成分も配合されてしまう可能性があります。

 

良い香りを作るために、どんどん成分を配合するため化学成分もどんどん増えてしまうのでしょう。

 

香りが良いだけのシャンプーは、髪の毛に良い働きをする事はありません。
やはりシャンプーは、成分で選ぶべきなのです。

 

 

オーガニック系のシャンプーは、天然香料を配合している商品が多いでしょう。

 

自然界に存在している香料をそのまま使用しているので、髪の毛に悪い成分はほとんど含んでいません。

 

天然香料は1500種類程ありシャンプーに良く使われているのはその中の200種類程なのであまり種類はありませんが、自然の心地良さを感じることができるでしょう。

 

しかしオーガニック系のシャンプーは値段も高く、泡立ちが悪いと感じる商品もありますし、必ずしも化学物質を一切使っていないという訳ではありません。

 

自分で気に入る天然香料のシャンプーがあれば良いのですが、見つけることはなかなか難しいでしょう。

 

頭皮の健康を考えるなら無香料がおすすめ

 

髪の毛のことを考えるのであれば、シャンプーは無香料がおすすめです。

 

最近はシャンプーの洗い心地や洗浄力以外のも、香りや色合い、雰囲気で選ぶ方が増えています。

 

そのため、香料にこだわったシャンプーを販売しているところも多いでしょう。

 

しかし、髪の毛のことを考えるのであれば香料や色素成分は不要です。

 

不要な成分が配合されていると、髪の毛に対する効果を十分に実感出来なかったり、逆に薄毛が進行してしまう可能性もあるでしょう。

 

また、薄毛が気になる人は育毛剤等も併用して使っていることが多いですよね?

 

育毛剤などに香りが含まれているとシャンプーの香りと混ざって不快な香りになってしまう可能性があるのです。

 

そのため、髪の毛のことを考えるのであれば、シャンプーは無香料の方が良いでしょう。

 

香りは確かにリラクゼーション効果をもたらします。

 

しかし、リラクゼーション効果だけで頭皮環境が改善し、抜け毛が改善されるという訳ではありません。

 

あくまで数あるシャンプーの効果の一つの「香りによるリラクゼーション効果」なのでしょう。

 

実際に効果の高い育毛シャンプーは、無添加無香料等、髪の毛に優しく負担をかけない成分で作られているものが多いように感じます。

 

髪の毛のことを考えるのであれば、無香料の育毛シャンプーを選んでみてはいかがでしょうか。

 

アロマシャンプーの香り効果

 

髪の毛のことを考えるのであれば無香料のシャンプーがおすすめです。

 

しかし、アロマシャンプーのリラクゼーション効果を侮ることはできないでしょう。

 

香りに重点を置いていない人であれば無香料でも問題ありませんが、良い香りが好きな人は、アロマシャンプーを使うと良いかも知れません。

 

アロマシャンプーを使うことで、かなりのリラクゼーション効果を実感できるかも知れないのです。

 

まず、アロマシャンプーといってもさまざまな香りがあります。

 

アロマといっても、香りの印象は種類によって全く違うのです。

 

たとえば、すっきりとした香りが好きなのであればペパーミント系のアロマシャンプーが良いでしょう。
甘い香りが良いのであればイランイラン等がおすすめです。

 

香りには好き嫌いがあります。
苦手な香りを選んでしまうと、リラクゼーション効果を感じるどころかイライラしてしまう可能性もあるのです。

 

アロマシャンプーを購入するときは必ず香りを確認して、自分好みの香りを選ぶようにしましょう。

 

また、アロマには香りだけではなく髪の毛への効果も感じるものがあります。

 

たとえばラベンダー等のアロマシャンプーは髪の毛に艶をもたらしてくれるでしょう。
ユーカリは痒み等に効果的です。

 

ローズウッドやレモングラスは傷んだ髪の毛に効果的なので、効果も重視してアロマシャンプーを選んでみてはいかがでしょうか。

 

アロマシャンプーは、あくまで天然香料です。

 

天然香料は心地よい程度の香りで、残り香はほとんど残りません。

 

そのため、残り香を残したい人は使っても意味がないかも知れません。
あくまでシャンプー中のリラクゼーション効果を得られる程度の香りが、アロマシャンプーなのです。

 

また、アロマシャンプーは決して安いシャンプーではありません。

 

もし育毛の為にアロマシャンプーを使いたいのであれば、普通の育毛シャンプーを使った方が良いでしょう。

 

アロマシャンプーは無添加で髪の毛に優しく心地良い香りを体感できる、というシャンプーなのです。

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

種類
日本国内では、本当にたくさんの種類のシャンプーが販売されています。 安い商品であれば、数百円程度で購入をすることができるでしょう。
シリコンシャンプーはダメ?
最近、ノンシリコンシャンプーが増えて来ましたね。 ノンシリコンは、文字通りシリコンが含まれていないシャンプーです。 一般的に市販されているシャンプーは、シリコンが入っている「シリコンシャンプー」となっています。
スカルプシャンプー
薄毛対策商品として有名なのが、スカルプシャンプーです。 男性用シャンプーというイメージが強いスカルプシャンプーですが、最近は女性用のスカルプシャンプーも増えて来ました。 そんなスカルプシャンプーにはどんな効果があるのでしょうか?
シャンプーとトリートメントの役割
一般的に洗髪剤は、シャンプーとトリートメントに別れています。 リンスインのトリートメント不要の商品もありますが、多くの方はシャンプーとトリートメントを両方使っているのではないでしょうか。 シャンプーとトリートメント、それぞれにはどんな役割があるのでしょうか。
良いシャンプーの条件
シャンプーは本当にたくさんの種類が販売されています。 ドラッグストアに行くと、壁一面にたくさんのシャンプーが売っていますよね。 では、どんな市販シャンプーが良いシャンプーといえるのでしょうか? 良いシャンプーの条件をいくつかご紹介いたします。
シャンプーの香りを持続させるには
ほとんどのシャンプーにはさまざまな香りが付いています。 石けんの香り、フローラルの香り、さまざまな香りはとても心地よいですよね。 シャンプーの香りをコロン替わりにしている方も多いのではないでしょうか。
シャンプーの成分
シャンプーの成分に着目して購入したことはありますか? ほとんどの人は「評判が良いから」「ドラッグストアでなんとなく見かけたから」「CMで気になったから」など、なんとなく購入をしている方が多いでしょう。 しかし、シャンプーには「頭皮に悪い成分」や「薄毛を悪化させてしまう成分」が含まれているかも知れないのです。
シャンプーの回数
シャンプーの歴史