シャンプーにはどんな歴史がある?

シャンプーの歴史!いつから使われるようになったの?

 

シャンプー1

 

今では誰でも当たり前のように使っているシャンプーですが、いつ頃からこのような習慣が生まれてシャンプーが使用されるようになったのでしょうか。

 

シャンプーは頭皮や髪の毛を洗うために使用される洗剤です。

 

その形状は様々なものがあり、液体だけではなく固形石鹸のほか粉末のものなどもあるのです。

 

1700年代半ばを過ぎた頃には海外でシャンプーという言葉も存在してはいましたが、当時シャンプーを指すものとしては、香油による頭皮マッサージのことをであったと言われています。

 

それからシャンプーは1860年ごろになると香油ではなく石鹸を使用した洗髪のことを指すようになりました。

 

当時はまだ石鹸などを使用していたので、今のような液体やペースト状のものは存在していませんでした。

 

また日本では20世紀以降、昭和初期あたりから粉石鹸などを使用して髪を洗うようになったと言われています。

 

その後固形のシャンプーも発売されたことにより、日本でもシャンプーという言葉自体が自然と使用されるようになったのです。

 

その後水まわりなどの設備が整い始めると、シャンプーの需要も伸びて石鹸から液体シャンプーへと変わり今のシャンプーが出来上がったということです。

 

日本にとってシャンプーは歴史も浅いかもしれませんが、今となっては欠かせないお風呂の必需品であることは間違いないでしょう。

 

シャンプー選びを間違えると大変なことに!詳しくはこちら→シャンプーに注意

 

懐かしのシャンプー

 

普段から何気なく使っているシャンプーですが、今となってはこだわりを持って使用されている方や、昔からそのまま使っているという方などそれぞれに選び方も違いがありますよね。

 

それだけ多くの商品が販売されているということなのですが、今となってはとても懐かしいと感じるシャンプーもあるのではないでしょうか。

 

懐かしのシャンプーといってもたくさんの方が選ぶものなので、たくさん種類はあるかと思いますが、CMが印象的な「ティモテ」なども懐かしいのではないでしょうか。

 

他にも「恋コロンシャンプー」や「ソフト・イン・ワン」などは、当時のアイドルもCMに出ていたので、人気も高かったでしょう。

 

エチュールやシャワラン、フルーつぶなども懐かしのシャンプーとして、よく名前が挙がる商品です。

 

懐かしのシャンプーといってもこのようにたくさんの名前が挙がるほど、シャンプー市場もかなり拡大していたことがよくわかります。

 

ただ昔のシャンプーは今よりも洗浄力や成分など、頭皮に優しいものではなく、主に髪の毛のダメージに対して注目し作られていたものが多くあり、頭皮には少し刺激が強いかもしれません。

 

懐かしのシャンプーも今もまだ販売されているものは成分もリニューアルされて、新しいものとなっていますがまた使用してみたいと思っている方は、まだ発売されているものもあるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

海外のシャンプー

 

シャンプーといえば普通に日本国内のものを使用されている方も多いですが、ここ最近では海外製のものも人気が高くなっているのです。

 

日本でももちろん海外のシャンプーは普通に販売されているので、ドラッグストアでも手に入れることはできるでしょう。

 

特にパンテーンやハーバルエッセンス、そしてダブなどはCMも有名なので、知っている方も多いですよね。

 

他にもロレアル・パリなど日本ではとても有名ですね。

 

ですが日本人と海外の方とでは体質も違えば髪質にも違いがあります。

 

また洗髪の頻度も海外とは違うため、日本人が海外のシャンプーを使用するときには注意も必要なのです。

 

皮脂分泌の多い日本人と乾燥した地域で過ごす海外の方とでは、やはり頭皮の汚れ具合にも違いがある場合もあります。

 

また海外製のものは肌への刺激が強いとも言われているので使用する際には十分注意しないと、頭皮トラブルが起きてしまう原因となります。

 

また海外製品でも日本と同様製品によっては添加物も多く使用されている場合もあるので、成分や配合などに注意して使用しないと、刺激が強く頭皮が荒れてしまう可能性もあります。

 

海外のシャンプーを使用するのであれば、できれば日本人の肌質や髪質に合う優しいものなどを選ぶようにして、頭皮に負担がかからないようなシャンプーを選びましょう。

 

 

最新のシャンプー

 

シャンプーといっても今ではたくさんの種類があるため、選ぶのも困ってしまうこともありますよね。

 

しかも最新のシャンプーとなると、やはり注目したくなるような成分も含まれているので気になってしまうという方も多いでしょう。

 

では最新のシャンプーにはどのような魅力が詰まっているのでしょうか。

 

まずやはり引き続き注目されているのはノンシリコンのタイプのシャンプーです。

 

ノンシリコンを使用することにより、頭皮をより一層清潔に保つことができるようになると言われています。

 

また他にも洗浄力にもこだわりがあるため、優しく洗うことをモットーとした製品が多く作られていました。

 

中でもアミノ酸系の洗浄成分を使用することで、頭皮を優しく洗い上げトラブルを回避するというシャンプーも増えています。

 

ただアミノ酸系は洗浄成分がかなり優しいため、洗浄力が弱い場合もあるので皮脂が多い方は合わない場合もあるでしょう。

 

また抗菌や殺菌効果が期待できる成分なども含まれているシャンプーも増えているため、最新のシャンプーには比較的頭皮のことに注目したものが多くなっています。

 

ただ一番最新シャンプーで目立つのは成分だけではなく、パッケージにも力が入っていることがわかります。

 

10年前に比べるとボトルのデザインもかなりオシャレに変化しました。

 

成分にも注目したい最新のシャンプーですが、今はボトルにも注目して購入したいですね。

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

種類
日本国内では、本当にたくさんの種類のシャンプーが販売されています。 安い商品であれば、数百円程度で購入をすることができるでしょう。
シリコンシャンプーはダメ?
最近、ノンシリコンシャンプーが増えて来ましたね。 ノンシリコンは、文字通りシリコンが含まれていないシャンプーです。 一般的に市販されているシャンプーは、シリコンが入っている「シリコンシャンプー」となっています。
スカルプシャンプー
薄毛対策商品として有名なのが、スカルプシャンプーです。 男性用シャンプーというイメージが強いスカルプシャンプーですが、最近は女性用のスカルプシャンプーも増えて来ました。 そんなスカルプシャンプーにはどんな効果があるのでしょうか?
シャンプーとトリートメントの役割
一般的に洗髪剤は、シャンプーとトリートメントに別れています。 リンスインのトリートメント不要の商品もありますが、多くの方はシャンプーとトリートメントを両方使っているのではないでしょうか。 シャンプーとトリートメント、それぞれにはどんな役割があるのでしょうか。
良いシャンプーの条件
シャンプーは本当にたくさんの種類が販売されています。 ドラッグストアに行くと、壁一面にたくさんのシャンプーが売っていますよね。 では、どんな市販シャンプーが良いシャンプーといえるのでしょうか? 良いシャンプーの条件をいくつかご紹介いたします。
シャンプーの香りを持続させるには
ほとんどのシャンプーにはさまざまな香りが付いています。 石けんの香り、フローラルの香り、さまざまな香りはとても心地よいですよね。 シャンプーの香りをコロン替わりにしている方も多いのではないでしょうか。
シャンプーの成分
シャンプーの成分に着目して購入したことはありますか? ほとんどの人は「評判が良いから」「ドラッグストアでなんとなく見かけたから」「CMで気になったから」など、なんとなく購入をしている方が多いでしょう。 しかし、シャンプーには「頭皮に悪い成分」や「薄毛を悪化させてしまう成分」が含まれているかも知れないのです。
シャンプーの香り
シャンプーに必ずといって含まれているのが「香料」です。 シャンプーは、さまざまな良い香りがありますよね。 同じメーカーの同じ種類のシャンプーでも、全く違う香りのするシャンプーも存在しています。
シャンプーの回数