白髪をこれ以上増やさない方法

これ以上白髪を増やさないためにできること 

 

白髪

 

年齢を重ねることで白髪が増えていくのは仕方がないことですが、白髪が増えるのは加齢が原因というだけではありません。

 

加齢以外の原因でも白髪は増えてしまうことがあるので、これ以上増やさないために予防することが大切なのです。

 

加齢ではないということは止めることができる原因もあると考えられます。

 

白髪というと、避けられないようなイメージもあるかもしれませんが、決してそんなことはないのです。

 

避けられる白髪もあるので、できるだけしっかりと予防するようにしましょう。

 

また白髪は原因によってその予防方法などにも違いがあります。

 

その場合には原因をまず突き止めてから予防することが重要でもあります。

 

加齢ばかりが白髪の原因ではありません。

 

ちょっと白髪がここ最近増えてきたと感じる方は、もしかしたら他にも原因があるかもしれないので注意しましょう。

 

また若い方で白髪が増えることもあるので、決して加齢などと決めつけず予防できるようにしましょう。

 

まだ白髪が出る年齢ではないという方は特に注意が必要ですね。

 

白髪染めに頼ることだけが解決する方法ではないので、白髪が出てきてしまったという方は年齢に関係なく予防していくことも考えておきましょう。

 

 

白髪の原因

 

白髪が増えてしまう原因には加齢によるものだけではありません。

 

そのため年齢に関係なく白髪が増えてしまうこともあるので、注意も必要です。

 

そして予防するためにも、まずは白髪が増えてしまった原因を突き止めてから、方法を模索する必要があります。

 

基本的に白髪の原因は加齢による場合もあります。

 

年齢が進むとメラニン色素を生成する機能が衰えてくるため、白髪になってしまうのです。

 

そして他にも多いのがストレスです。

 

ストレスは血行不良になりやすくなってしまうため、十分な栄養素が運ばれなくなりメラニン色素が生成されなくなってしまいます。

 

ストレスの場合も影響を受けですぐに白髪になるということはありません。

 

影響を受けた時に作られた髪の毛が徐々に成長して表面に現れるので、ストレスを受けてから少し時間が経過してから目に見えるようになるでしょう。
また栄養不足でも白髪になってしまうことがあります。

 

十分な栄養が頭部までまわらないことで、メラニン色素を作る機能が低下してしまい白髪になってしまうのです。

 

病気である可能性もあるので、おかしいと感じたら病院へ行く必要も出てくるでしょう。

 

このように白髪になる原因は様々で、決して加齢だけで白髪が増えるということはありません。

 

年齢に関係なく白髪になってしまうこともあるので、まずは原因を突き止めてから予防する策を考えましょう。

 

 

遺伝は?

 

年齢を重ねると白髪が増えてくると考えられていますが、年齢に関係なく若くても白髪が多いという方も少なくはありません。

 

栄養不足やストレスなども白髪の原因となりますが、他にも遺伝的な要因で白髪が増えてしまうとよく耳にしたこともあるのではないでしょうか。

 

ですが実は遺伝と白髪に関しては、はっきりとした根拠はないと言われているのです。

 

確かに親に白髪がたくさんあれば子供も将来白髪が多くなる、など昔はよく言われていたものです。

 

でも昔から言われていたからといって、それが確実であるとは言い切れないのです。

 

ただ白髪とは違いますが、体の色素に関しては遺伝する場合もあります。

 

肌の色が白かったりなどに関しての遺伝はあり、神野色に関しても遺伝する可能性もあるでしょう。

 

そのため根拠はなくても多少の可能性は考えられる場合もあるので、遺伝も原因することもあるかもしれません。

 

そのため年齢に関係なく白髪が多い方は、栄養やストレスのほか病気も関係がない場合だと遺伝の可能性もあるかもしれないでしょう。

 

はっきりとはわかりませんが、それでも体の色素に関しての遺伝があるということは、遺伝により白髪が増えてしまうという可能性も捨て切れません。

 

もしかしたら、ということもあるかもしれないので、他に原因がある場合は考慮してもよいかもしれませんね。

 

 

食べ物で予防

 

まだ全然白髪が生える年齢ではないのに、白髪が目立つようになってきた。

 

このような方はしっかりと予防することで、白髪が増えるのを予防することができます。

 

そしてその予防方法も食事で行うことができるので、少し意識しながら取り入れていくようにしましょう。

 

まず白髪に良いと言われている食べ物には海藻類などが挙げられます。

 

海藻類、特にコンブやワカメにはメラニン色素を生成するための機能を促進するヨードという栄養素が含まれています。

 

完全に白髪がなくなるというわけではありませんが、それでも摂取していることで改善策となるので適度に取り入れるようにしましょう。

 

そしてミネラルが豊富な食材と一緒にメラニン色素の原料となるチロシンという栄養素を取り入れるとさらに効果が期待できるようになるでしょう。

 

ミネラルは大豆食品のほか玄米・エビやカニ、モロヘイヤなどで摂取することができます。

 

そしてチロシンはカツオやマグロのほかナッツ類、チーズなどから摂取することが可能です。

 

特にチーズには豊富にチロシンが含まれているので、積極的に取り入れたい食材です。

 

このように食べ物からでも白髪の予防に役立つ栄養素をしっかり摂取することで、体の内側から白髪対策を行うことができるのです。

 

個人差はありますが、1品からでも始めることで違いが出てくるのでぜひ積極的に取り入れていきましょう。

 

 

頭皮にダメージを与えない白髪染め

 

白髪が増えてしまったら、すぐにでもどうにかしたいと考えますよね。

 

ですが食事などで予防したとしても、なかなかその効果が現れるまでに時間がかかるため目立った状態も続きます。

 

そんな時にはやっぱり、白髪染めを使用するという方も多いのではないでしょうか。

 

ただ白髪染めと言ってもやはり毛染めには変わりありません。

 

そのため頭皮が弱い方にとっては、白髪染めでも大きなダメージを受ける可能性もあるのです。

 

通常の毛染めでも十分頭皮は痛む場合があります。

 

白髪染めを使用する際にも、しっかりと頭皮に野菜鋳物を使用しなくてはならないのです。

 

頭皮を傷めてしまうと髪も傷むのは当然ですが、薄毛や頭皮トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

 

白髪染めについて詳しくはこちらをご覧ください→ 永久染毛タイプのメリット

 

無理なく染めることができる、優しいタイプの白髪染めを使用して頭皮も守るようにしましょう。

 

また髪が伸びてきた際に染め直す時には必ずリタッチタイプを選ぶことも重要です。

 

回数が多くなるとどうしても頭皮は傷んでしまいます。

 

できるだけ頭皮全体に染料がかかってしまう回数を減らすためにも、リタッチで白髪の部分だけ染めるようにしましょう。

 

他にも部分染めができるようなタイプだと、頭皮にも負担が少なく済みます。

 

白髪染めを使用する際には、必ず頭皮のことを考えて選ぶようにしましょう。

 

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

白髪染めシャンプーの使い方
白髪染めと言うと、カラーリング剤を使った物が主流でしょう。 しかし最近は髪染めシャンプーを使う方が増えて来ました。
すぐには染まらない
通常、白髪染めを使うと10分15分程度で白髪染めが完了します。 一度で白髪を黒々と染めることができるでしょう。 しかし、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは、すぐに染めることはできません。
シャンプーとトリートメント比較
髪の毛に優しい白髪染め、といえば、白髪染めシャンプーやトリートメントでしょう。 どちらも髪の毛を痛めることなく、手間も掛からず、毎日染めることができる商品です。 どちらも似たような商品ではありますが、どのような違いがあるのでしょうか。
長所はノーダメージ
白髪染めシャンプーのメリットといえば、髪の毛を痛めない部分でしょう。 白髪染めは、どうしても髪の毛にダメージを与えてしまいます。 もともと髪の毛の色を薄くするよりも、黒染めの方が髪の毛を痛めやすいといわれていました。
手が汚れる?
白髪染めのデメリットといえば、手が汚れてしまうということです。 自宅で使う白髪染めには、専用の手袋がついている商品も多いでしょう。 手袋を付けなければ、手が白髪染めの液体で黒くなってしまうのです。
毎日使う?
白髪染めのために行うカラーリングは、毎日行うものではありません。 カラーリングは、ただでさえ髪の毛に大きなダメージを与えてしまうものです。 そのため、白髪が伸びてきたからといって頻繁に行うことはおすすめをすることができないでしょう。 また、白髪が目立たないように、と頻繁に行うこともできません。
男性も使えます
白髪染めシャンプーは女性向け商品の方が多いように感じます。 それにはいくつかの理由があるでしょう。 まず第一に、男性よりも女性の方が白髪を気にする方が多いからです。
口コミで多いデメリット
白髪染めシャンプー・トリートメントは今とても注目を集めている商品です。 気軽に使える、髪の毛を痛めない、自宅でも使いやすい、手袋装着不要等、メリットがたくさんあります。 しかし、口コミ評価を見ていると白髪染めシャンプー・トリートメントの悪い評価も見かける場合があります。 悪い口コミは、どんなものが多いのでしょうか?
染まらないものに注意
白髪染めシャンプーの中には、使っても効果がなかった、染めることができなかったという場合もあります。 これにはいくつかの原因があります。
人気商品
気軽に白髪染め出来る商品といえば、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントでしょう。 どちらも入浴時に、気軽に髪の毛を染めることができると評判です。 使い方はどちらも代わりはありませんが、どちらかというと白髪染めトリートメントの方が人気の様です。 それには、いくつかの理由があります。
カラーリンスとの違い
白髪染めシャンプーやトリートメントが主流となってきました。 しかし、あまり見かけませんが、「カラーリンス」という商品もあります。
色は黒のほうが染まりやすい?
白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーにはカラーバリエーションのある商品もあります。 通常の白髪染めより、カラーバリエーションは多くはありません。 ほとんどの商品は、ブラックとブラウンの2色展開なのではないでしょうか。
一番簡単な白髪染め
白髪染めはとても面倒ですよね。 時間もかかるし手も汚れる。 綺麗に染まらない場合もありますし、ムラになったり染まり忘れている部分がある場合もあるでしょう。 後片付けも面倒ですよね。
抜け毛や薄毛の悪化に注意
ロングヘアーの方のコスト
白髪染めの液剤はそれぞれ容量が限られています。 ショートカットからセミロングくらいの髪型であれば、白髪染め1個で十分足りるでしょう。
黒耀シャンプーQS
黒耀シャンプーQSは今話題の白髪染めシャンプーです。 白髪染めはとても面倒ですよね。 いちいち準備をしなければいけませんし、染める度にどんどん髪の毛が傷んでしまいます。
レフィーネ
白髪を染めたい!でも髪の毛を痛めたくない! そんな人に大好評のレフィーネ白髪染め。
パサつきに効くトリートメント
髪の毛がなんだかパサつく…そんなときはトリートメントの出番です。 普段のシャンプーとコンディショナーだけではパサ付く髪の毛の補修は間に合いません。 しっかりとトリートメントをして潤いをプラスしてみてはいかがでしょうか?
白髪染めの頻度
「あっ、そろそろ白髪染めしないと」 ふと鏡を見て白髪が気になったとき、こう思うことってありますよね。 染めたては綺麗でも、数週間経過するとどうしても生え際の白髪が気になり、染め直さないとなーと感じてしまいます。
haru シャンプーの効果は?
haru 黒髪スカルププロという天然成分100%のノンシリコンシャンプーなのですが、これを使うことによって頭皮や髪の健康だけではなく、なんと白髪ケアができ年齢的に白髪が気になり始めた人の救世主になるはずです。
利尻カラーシャンプー
しっかり染まる白髪染めシャンプー
美容室の白髪染め
白髪を自分で染める
螺髪