色は黒のほうが染まりやすい?

白髪染の色は黒の方が染まりやすい?

 

白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーにはカラーバリエーションのある商品もあります。

 

通常の白髪染めより、カラーバリエーションは多くはありません。
ほとんどの商品は、ブラックとブラウンの2色展開なのではないでしょうか。

 

白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーは、ほんのり染めることができる商品なので、黒っぽい、茶色っぽい以外は色の強さを好みで調整することができるのです。

 

白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーは、ブラックを選んだ方が染まりやすいといわれています。

 

黒の方が色が入りやすいのでしょう。

 

また、茶色の方が弱い色合いなので、色の入りが薄いように感じるのではないでしょうか。

 

しかし、ブラックを選ぶと最初は灰色の様に感じるかも知れません。

 

最初はうっすらとしか染まらないのが白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーの特徴なので、仕方がないでしょう。

 

ブラック、ブラウン、どちらの白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーを選ぶかは好み次第です。

 

しかし、ブラウンの方がより自然に染めることができるということで、人気が高いみたいです。

 

自然な色合いが好みの場合はブラウン、早く染めたい場合はブラックの方が良いのかも知れませんね。

 

 

黒の長所と短所

 

白髪が多い人は、白髪染めの色では、黒を選んだほうがいいのでしょうか。

 

これは意外と悩んでしまう部分です。

 

日本人ですから髪の毛は黒…と相場は決まっているのですが、全ての人が真っ黒の髪の色というわけではありません。

 

特に女性では、染めていないのに茶色の髪の毛という人もいます。

 

男性でもときたま見かけます。

 

これはある意味当然のことで、真っ黒い髪の毛を持つ人の法が少ないようなのです。

 

話を本題に戻しますが、白髪染めを使用するときに白髪染めにも色の種類があります。

 

黒と茶色そしてその中間色ですね。

 

白髪染めの場合は白い髪の毛を染めるので、黒色の白髪染めを選んだ法ほうがいいと一般的には言われています。

 

元が白いので、黒く染めようとしても白髪の部分の仕上がりはどうしても明るくなって色むらが起きるのでは…と気にする人が多いのです。

 

もっとも、黒は黒ですから、仕上がりも限りなく黒です。

 

明るい暗いという明暗は確かにあるのですが、全てが白髪の髪の毛を黒く染めてもわからないように、白髪交じりの元が黒髪というのでしたら、それもほとんどわからないでしょう。

 

むしろ、茶髪にしたいからブラウン系の白髪染めを選ぶと元が黒髪を茶髪にするほうが難しそうですね。

 

白髪染めの黒を選んだ場合の長所は、色むらが少ないということでしょう。

 

一方で短所としては、黒髪の上に黒なのでより深みを帯びた黒色に見えるかもしれません。

 

しかし、色むらが少ないので思っている以上に気にならないものですよ。

 

 

ブラウンの長所と短所

 

茶色白髪染めは、仕上がりが明るくなります。

 

いつの頃からか女性の髪の色で黒髪を見ることが少なくなったように思います。

 

女性がそれぞれ好みの髪の色に染めているからだと思いますが、白髪染めもその傾向が強いようです。

 

ですから、白髪染めでもブラウンを選ぶ人が多いのはそのためでしょう。

 

しかし、白髪をブラウンに染めるのは明るい傾向になるのですが、それほど問題にはならないでしょう。

 

一方で黒髪をブラウンにするのは少々骨が折れそうです。

 

というのも、黒髪のほうが茶髪よりも濃いからですね。

 

特に白髪染めシャンプーの場合は、全体的に望んだ茶髪になるのに時間がかかることでしょう。

 

白髪がきちんと茶髪になっても黒髪のほうが暗いままになってしまうからです。

 

それでも、白髪がきちんと染まっていて色むらが気にならなければ、白髪染めシャンプーを継続して使うことでいずれは望んだ茶髪になりますよ。

 

白髪染めシャンプーはその性質上、使っていくうえで忍耐が試されます。

 

それでも使うほどに染まり具合を確認できる楽しみもありますよね。

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

白髪染めシャンプーの使い方
白髪染めと言うと、カラーリング剤を使った物が主流でしょう。 しかし最近は髪染めシャンプーを使う方が増えて来ました。
すぐには染まらない
通常、白髪染めを使うと10分15分程度で白髪染めが完了します。 一度で白髪を黒々と染めることができるでしょう。 しかし、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは、すぐに染めることはできません。
シャンプーとトリートメント比較
髪の毛に優しい白髪染め、といえば、白髪染めシャンプーやトリートメントでしょう。 どちらも髪の毛を痛めることなく、手間も掛からず、毎日染めることができる商品です。 どちらも似たような商品ではありますが、どのような違いがあるのでしょうか。
長所はノーダメージ
白髪染めシャンプーのメリットといえば、髪の毛を痛めない部分でしょう。 白髪染めは、どうしても髪の毛にダメージを与えてしまいます。 もともと髪の毛の色を薄くするよりも、黒染めの方が髪の毛を痛めやすいといわれていました。
手が汚れる?
白髪染めのデメリットといえば、手が汚れてしまうということです。 自宅で使う白髪染めには、専用の手袋がついている商品も多いでしょう。 手袋を付けなければ、手が白髪染めの液体で黒くなってしまうのです。
毎日使う?
白髪染めのために行うカラーリングは、毎日行うものではありません。 カラーリングは、ただでさえ髪の毛に大きなダメージを与えてしまうものです。 そのため、白髪が伸びてきたからといって頻繁に行うことはおすすめをすることができないでしょう。 また、白髪が目立たないように、と頻繁に行うこともできません。
男性も使えます
白髪染めシャンプーは女性向け商品の方が多いように感じます。 それにはいくつかの理由があるでしょう。 まず第一に、男性よりも女性の方が白髪を気にする方が多いからです。
口コミで多いデメリット
白髪染めシャンプー・トリートメントは今とても注目を集めている商品です。 気軽に使える、髪の毛を痛めない、自宅でも使いやすい、手袋装着不要等、メリットがたくさんあります。 しかし、口コミ評価を見ていると白髪染めシャンプー・トリートメントの悪い評価も見かける場合があります。 悪い口コミは、どんなものが多いのでしょうか?
染まらないものに注意
白髪染めシャンプーの中には、使っても効果がなかった、染めることができなかったという場合もあります。 これにはいくつかの原因があります。
人気商品
気軽に白髪染め出来る商品といえば、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントでしょう。 どちらも入浴時に、気軽に髪の毛を染めることができると評判です。 使い方はどちらも代わりはありませんが、どちらかというと白髪染めトリートメントの方が人気の様です。 それには、いくつかの理由があります。
カラーリンスとの違い
白髪染めシャンプーやトリートメントが主流となってきました。 しかし、あまり見かけませんが、「カラーリンス」という商品もあります。
一番簡単な白髪染め
白髪染めはとても面倒ですよね。 時間もかかるし手も汚れる。 綺麗に染まらない場合もありますし、ムラになったり染まり忘れている部分がある場合もあるでしょう。 後片付けも面倒ですよね。
抜け毛や薄毛の悪化に注意
ロングヘアーの方のコスト
白髪染めの液剤はそれぞれ容量が限られています。 ショートカットからセミロングくらいの髪型であれば、白髪染め1個で十分足りるでしょう。
黒耀シャンプーQS
黒耀シャンプーQSは今話題の白髪染めシャンプーです。 白髪染めはとても面倒ですよね。 いちいち準備をしなければいけませんし、染める度にどんどん髪の毛が傷んでしまいます。
レフィーネ
白髪を染めたい!でも髪の毛を痛めたくない! そんな人に大好評のレフィーネ白髪染め。
パサつきに効くトリートメント
髪の毛がなんだかパサつく…そんなときはトリートメントの出番です。 普段のシャンプーとコンディショナーだけではパサ付く髪の毛の補修は間に合いません。 しっかりとトリートメントをして潤いをプラスしてみてはいかがでしょうか?
白髪染めの頻度
「あっ、そろそろ白髪染めしないと」 ふと鏡を見て白髪が気になったとき、こう思うことってありますよね。 染めたては綺麗でも、数週間経過するとどうしても生え際の白髪が気になり、染め直さないとなーと感じてしまいます。
haru シャンプーの効果は?
haru 黒髪スカルププロという天然成分100%のノンシリコンシャンプーなのですが、これを使うことによって頭皮や髪の健康だけではなく、なんと白髪ケアができ年齢的に白髪が気になり始めた人の救世主になるはずです。
利尻カラーシャンプー
しっかり染まる白髪染めシャンプー
美容室の白髪染め
白髪予防
白髪を自分で染める
螺髪