きれいに白髪を染めるためには、やはり美容室?

美容室での白髪染めは色持ちが良い?

 

ヘアカラーやヘアマニキュアを使って自分で白髪染めをしても、気付くと色が落ちてきてしまっていることが多いです。

 

美容室

 

ヘアカラーは2〜3ヶ月色持ちする人もいますが、ヘアマニキュアは1ヶ月もしないうちに色落ちしてしまうでしょう。

 

やはり美容室で白髪染めしてもらったほうが、色持ちが良いのでしょうか。

 

 

美容室で行っている白髪染めのほとんどが、永久染毛剤を使用したものです。

 

永久染毛剤にはアルカリ剤が含まれており、キューティクルの表面を開いて髪の毛の色を脱色し、そこに染料を浸透させていきます。
髪の毛の奥深くまで染料が浸透・定着していくので、市販の白髪染めを使って自分で染めるよりも、色落ちしにくいと言われています。

 

紫外線などのダメージで色あせてしまうことはまれにありますが、髪を洗うことですぐに色落ちしてしまうことはほとんどないでしょう。
美容室での白髪染めは色持ちが良いですが、髪の毛に大きなダメージを与えてしまうというデメリットもあります。

 

美容師に任せれば綺麗な色に染めてもらえますし、白髪が目立たない期間も長くなることでしょう。
ただし、頻繁に美容室で白髪染めをしていると、髪の毛が傷んでしまうことも覚えておきましょう。

 

 

容室の白髪染め頻度

 

美容室での白髪染めは色持ちが良いですが、実際にはどれぐらいの頻度で染め直さなければならないのでしょうか。

 

市販のヘアカラーやヘアマニキュアを使用して白髪染めをすると、数週間〜3ヶ月の間に色落ちしてしまう人がほとんどだと思います。
そのため、白髪が目立ってきたら再び染め直さなければならず、頻繁に白髪染めを購入しているという人もいるでしょう。

 

何度もヘアカラーを使用していることで、髪の毛が傷んでバサバサになっている人もいるかもしれません。
自分で白髪染めをしようとすると、費用の面でも美容の面でも大変なことばかりです。

 

これに対し美容室での白髪染めは、2〜3ヶ月ほど綺麗に染まった状態が続きます。
自分で行う白髪染めと違って、頻繁に染め直す必要がないため、美容室で染めてもらったほうがお金がかからないかもしれません。
染め直す手間も省けますし、美容室で染めてもらったほうがムラなく綺麗に染まるでしょう。

 

ただし、美容室での白髪染めは、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうことが多いです。
色持ちが良い白髪染めであればあるほど、髪の毛に負担を掛けてしまっている可能性があります。

 

美容師と相談をして、髪の毛の状態をチェックしながら白髪染めをしていきましょう。

 

 

リタッチの頻度と頭皮に与える影響

 

美容室での白髪染めは色持ちが良いので、一度全体を染めてしまえば、頻繁に染め直す必要はありません。
しかし、毛先のほうは色落ちしなくても、新しく生えてくる髪の毛は白いまま生えてきてしまうことがほとんどです。

 

生え際に白髪が気になってきたら、白髪が目立っている部分だけを染めてもらう「リタッチ」をしに行きましょう。

 

 

生え際の新しく伸びてくる白髪は、全体的に綺麗に染まっている髪の毛の中で、とても目立ってしまうかもしれません。
少しでも白髪が伸びてきたらすぐにリタッチしたくなる人が多いかもしれませんが、頻繁にリタッチをしていると頭皮に良くありません。

 

頭皮にダメージを与え続けることで、抜け毛・薄毛の症状が出てしまう可能性もあります。
リタッチをするときには、3週間〜1ヶ月の間隔を空けるようにしましょう。

 

どうしても生え際の白髪が気になる場合には、髪の毛や頭皮へのダメージが少ない「白髪染めトリートメント」を使ってみると良いかもしれません。
毎日使うことで少しずつ髪の毛を染めていける「白髪染めシャンプー」も販売されているなど、白髪ケアをするための商品は数多くあります。

 

美容室での白髪染めを長持ちさせるためにも、自宅でできる白髪ケアを始めてみるのも良いでしょう。

 

 

 

 

白髪染めシャンプー人気No,1! 利尻カラーシャンプーサスティ

関連ページ

白髪染めシャンプーの使い方
白髪染めと言うと、カラーリング剤を使った物が主流でしょう。 しかし最近は髪染めシャンプーを使う方が増えて来ました。
すぐには染まらない
通常、白髪染めを使うと10分15分程度で白髪染めが完了します。 一度で白髪を黒々と染めることができるでしょう。 しかし、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーは、すぐに染めることはできません。
シャンプーとトリートメント比較
髪の毛に優しい白髪染め、といえば、白髪染めシャンプーやトリートメントでしょう。 どちらも髪の毛を痛めることなく、手間も掛からず、毎日染めることができる商品です。 どちらも似たような商品ではありますが、どのような違いがあるのでしょうか。
長所はノーダメージ
白髪染めシャンプーのメリットといえば、髪の毛を痛めない部分でしょう。 白髪染めは、どうしても髪の毛にダメージを与えてしまいます。 もともと髪の毛の色を薄くするよりも、黒染めの方が髪の毛を痛めやすいといわれていました。
手が汚れる?
白髪染めのデメリットといえば、手が汚れてしまうということです。 自宅で使う白髪染めには、専用の手袋がついている商品も多いでしょう。 手袋を付けなければ、手が白髪染めの液体で黒くなってしまうのです。
毎日使う?
白髪染めのために行うカラーリングは、毎日行うものではありません。 カラーリングは、ただでさえ髪の毛に大きなダメージを与えてしまうものです。 そのため、白髪が伸びてきたからといって頻繁に行うことはおすすめをすることができないでしょう。 また、白髪が目立たないように、と頻繁に行うこともできません。
男性も使えます
白髪染めシャンプーは女性向け商品の方が多いように感じます。 それにはいくつかの理由があるでしょう。 まず第一に、男性よりも女性の方が白髪を気にする方が多いからです。
口コミで多いデメリット
白髪染めシャンプー・トリートメントは今とても注目を集めている商品です。 気軽に使える、髪の毛を痛めない、自宅でも使いやすい、手袋装着不要等、メリットがたくさんあります。 しかし、口コミ評価を見ていると白髪染めシャンプー・トリートメントの悪い評価も見かける場合があります。 悪い口コミは、どんなものが多いのでしょうか?
染まらないものに注意
白髪染めシャンプーの中には、使っても効果がなかった、染めることができなかったという場合もあります。 これにはいくつかの原因があります。
人気商品
気軽に白髪染め出来る商品といえば、白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントでしょう。 どちらも入浴時に、気軽に髪の毛を染めることができると評判です。 使い方はどちらも代わりはありませんが、どちらかというと白髪染めトリートメントの方が人気の様です。 それには、いくつかの理由があります。
カラーリンスとの違い
白髪染めシャンプーやトリートメントが主流となってきました。 しかし、あまり見かけませんが、「カラーリンス」という商品もあります。
色は黒のほうが染まりやすい?
白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーにはカラーバリエーションのある商品もあります。 通常の白髪染めより、カラーバリエーションは多くはありません。 ほとんどの商品は、ブラックとブラウンの2色展開なのではないでしょうか。
一番簡単な白髪染め
白髪染めはとても面倒ですよね。 時間もかかるし手も汚れる。 綺麗に染まらない場合もありますし、ムラになったり染まり忘れている部分がある場合もあるでしょう。 後片付けも面倒ですよね。
抜け毛や薄毛の悪化に注意
ロングヘアーの方のコスト
白髪染めの液剤はそれぞれ容量が限られています。 ショートカットからセミロングくらいの髪型であれば、白髪染め1個で十分足りるでしょう。
黒耀シャンプーQS
黒耀シャンプーQSは今話題の白髪染めシャンプーです。 白髪染めはとても面倒ですよね。 いちいち準備をしなければいけませんし、染める度にどんどん髪の毛が傷んでしまいます。
レフィーネ
白髪を染めたい!でも髪の毛を痛めたくない! そんな人に大好評のレフィーネ白髪染め。
パサつきに効くトリートメント
髪の毛がなんだかパサつく…そんなときはトリートメントの出番です。 普段のシャンプーとコンディショナーだけではパサ付く髪の毛の補修は間に合いません。 しっかりとトリートメントをして潤いをプラスしてみてはいかがでしょうか?
白髪染めの頻度
「あっ、そろそろ白髪染めしないと」 ふと鏡を見て白髪が気になったとき、こう思うことってありますよね。 染めたては綺麗でも、数週間経過するとどうしても生え際の白髪が気になり、染め直さないとなーと感じてしまいます。
haru シャンプーの効果は?
haru 黒髪スカルププロという天然成分100%のノンシリコンシャンプーなのですが、これを使うことによって頭皮や髪の健康だけではなく、なんと白髪ケアができ年齢的に白髪が気になり始めた人の救世主になるはずです。
利尻カラーシャンプー
しっかり染まる白髪染めシャンプー
白髪予防
白髪を自分で染める
螺髪